小町ネット高収入アルバイト風俗求人(松島新地・飛田新地)

【美容コラム】乾燥肌のスキンケア②

2016年9月30日

カテゴリー:

こちらのコラムは前回の続きになります。
1つ前のコラムをご参照ください。

乾燥肌を防ぐための保湿方法

乾燥肌を防ぐための保湿方法
肌に対しては水分を与えることも大切ですが、それと同時に水分を保持することを意識しなければいけません。

■優しく洗顔する
乾燥した肌は多少の刺激で傷ついてしまいます。
まずは洗顔剤をよく泡立て、指がなるべく肌に触れないように優しく洗いましょう。
初めにTゾーンから洗い始めて頬や目元は最後に泡をのせる程度でも十分に汚れは洗い流せます。

しかし、洗顔料の種類にもよりますが、長い時間洗顔剤が顔についていると皮膚の汚れだけでなく、肌を守る角質層の成分まで洗い流してしまい、乾燥肌が悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

■角質層の水分保持機能を働かせる
角質層には水分を保持してくれるNMF(天然保湿因子)とセラミドという成分があります。
NMFは主にアミノ酸で構成され角質細胞の潤いを維持しています。

セラミドは細胞の間をがっちりと固めて水分を蓄えてくれる細胞間脂質の主成分です。
化粧品にはさまざまな保湿成分がありますが、NMF産出を促進させる成分やセラミドを配合したものは保湿をサポートし、肌のバリア機能を正常に戻すよう働きかけてくれます。

■状況に合わせた保湿ケア
肌に与えた水分を保持するもう1つの方法は、スキンケアクリームで油分を与えて肌をカバーすることです。
でも、なかにはクリームのべたつきを不快に思う人もいるでしょう。

スキンケアクリームはさまざまな種類や使い心地、効果があります。
べたつかず、使い心地を意識した製品もありますので、実際に使ってみて自分に合うものを探してみましょう。

以上のことを参考に、厳しい残暑の乾燥肌を防ぎましょう。

BACK TOP